業務日誌

司法書士 吉江直記事務所のブログ。日々の雑感や事例紹介。

8050問題(残された子の生活をどう支えていくのか)

「8050問題」をご存知でしょうか。

「高齢の親」(80歳代)と 働いていない独身の子ども(50歳代)が同居している世帯の問題のことを言います。

 

弊事務所では、様々な角度から、この「8050問題」に取り組んでいます。

ご相談の発端は様々です。

・子どもの将来が心配、親の資産(自宅や預貯金など)をどう残していけばよいか。

・親の現在の生活、これからの生活が心配

・親の判断の能力が低下してきている。

・子どもが親の資産を浪費してしまう、親に借金をさす(経済的な虐待)

 

「8050問題」への完全な解決方法はないと考えています。

ご家庭の状況に応じた法的な対処方法はあります。

・遺言での対応

・成年後見制度での対応

・信託制度での対応

 

子どもの独立のために、行政や親族の皆様のお力をお借りすることもあります。

 

具体的な事案はご紹介できませんが、個別にご相談をいただけたらと思います。

 

お問い合わせはこちら

078-381-8421 業務時間:平日 9:00〜18:00

オンライン相談会 受付中!

オンライン相談会

司法書士 吉江直記事務所ではZOOMを利用した
オンラインでの相談を積極的に行っています。
パソコン・スマホ・タブレットとインターネットに繋がる環境があれば
どこでもお気軽にご参加いただけます。

詳細・ご予約はこちら